グループホーム(共同生活援助)

グループホーム(共同生活援助)
ブログ記事一覧

グループホーム(共同生活援助)とは

グループホームとは、身体障害者、知的障害者、精神障害者が世話人等の支援を受けながら、地域のアパート、マンション、戸建て住宅等において、複数で共同生活をする居住の場であり、傷害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第5条で定められた障害福祉サービス(共同生活援助事業)です。


グループホームまごころはどんなところ?

・日中は一般就労、作業所通所、余暇支援での外出など利用者様個々の症状や能力に応じて柔軟に対応致します。
・グループホーム事業所にて定期的に余暇活動を実施し、充実した日々を過ごしていただけるよう努めます。
・基本的にはスタッフが洗濯や室内の清潔の維持などサポート致しますが、利用者様個々の状態に応じて、生活訓練も希望者には無償で提供します。

・名古屋市内ではありますが、比較的郊外に立地していますので、利便性と落ち着いた環境を両立した場所で過ごして頂くことが出来ます。
・高次脳機能障害者だけではなく、精神障害、軽度の知的障害のかたも受け入れ可能です
・利用者様個々に合わせた支援内容を考え提供します。
・金銭管理が不安な利用者様には、日常生活で使う金銭を職員が管理し、一ヶ月計画して無駄なく使えるよう、また少額ずつでも貯蓄できるよう、支援するサービスもございます。

 

グループホームまごころ 概要

 

オープン 平成29年7月1日
事業所所在地 名古屋市中川区一色新町三丁目825番地リバーサイド三日月105号室
タイプ 賃貸 ワンルームアパートを複数部屋使用したグループホーム及び
一軒家、3LDKを利用したルームシェア形式でのグループホーム
定員 27名

どのような人が利用する?

・知的障害、精神障害等障害、高次脳機能障害などの障がいによりひとりでの生活が困難な方
・単身での生活は難しいが、親・家族からの自立が必要な方

1日の流れ

6:30~7:30
起床
7:30
朝食(共用リビングルームまたは居室にて食事をします)
8:00
外出
(一般就労、デイサービスなどそれぞれの一日を過ごして頂きます)
17:00
帰宅(夕食までの間、ゆっくり自由に過ごして頂きます)
18:00
夕食(居室にて食事をします)
19:00~
自由時間・就寝準備
21:00
就寝(21時~23時くらいの間で皆さん就寝されています)

上記スケジュールはあくまで基本のものであり、門限までの時間は自由に活動することも可能です。

利用するには?

グループホームの空き情報はこちらでご確認下さい

Copyright© 2008-2019 一般社団法人市民福祉ネット All Rights Reserved.